【報告】基礎講座:A「食事」回の感想をご紹介します!

おととい22(水)の夜、全10回にわたり保育の基礎を確認していく、「基礎講座A」が始まりました。

第1回目のテーマは「食事」。

 

食べることの意味ってなんだろう??

そんな問いかけから始まり、食べさせ方、自立の促し方などの具体的なポイントまで、

エピソードや実習を交えて、楽しく丁寧に学びました。

 

保育のひとつひとつの手順や、その時につかうものの形など「こういうものなんだ」と思い込んでしまっていませんか?

「なぜそうなのか」大人が改めて意識すると、子どもの姿がもっとよく理解できるようになりますよ。

 

第2回は513日(水)に開催予定。テーマは「排泄 着脱」です。

まだ若干の空きがありますので、ぜひご参加ください♪(この回だけの受講も可能です。)

★★★2015422日(水)基礎講座:A①食事 参加者の声★★★

 

●初めてのゆずりはの研修でしたがとても楽しく学ばせていただきました。これからの研修もよろしくお願いいたします。

 

●自分が保育をはじめたばかりで、食器や介助などの意味は考えてもなかったので聞けてよかった。

 

●ひとつひとつ丁寧に"なぜこうするのか"という理由づけがあり、非常に勉強になりました。ありがとうございました。

 

●どんな意見もうけとめてくださるような姿に、考えている間も集中できました。また次回楽しみにしています。

       

●事例をふまえての対応がわかりやすかったです。食事量が規定の量にとらわれがちだったので11人のことをしっかり考慮する必要があることを気を付けたいと思いました。

 

●担当の子で鶏卵アレルギーがいるので、誤飲の防止法や対応の仕方が分かってよかったです。

       

●具体的な実践の仕方を教えてくださって、明日から実践するイメージがわいた。     

 

●お皿やスプーンなどが実物を見てしっかりわかり、理解がふかまった。

       

●あらためて乳児期の口の動き知る事が出来てよかった。

再度こども達の口の動きを見てみたいと思いました。又、保護者からはしを使う時期の質問もあったので今回学んだことを伝えていきたいです。

 

●2スプーンの意味や役割、早く終わりにさせようとしなくて良いということなど、知れて良かった。好き嫌いがある子への対応、言葉かけ、かけ引きの方法なども、具体的に知れて良かった。       

               

●赤ちゃんでも大人が見せていくことが成長につながることが心に残りました。幼児になって口でいろいろ言っても空回りするのはこの為ですね・・・

 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★